いろいろなパターンから選ぶことが出来る

ドライバー

一時は夜の路上駐車が迷惑で非難されたり、愛想が悪いと罵られたことがあるタクシー業界ですが、台数などが整備されたことや会社の指導が厳しくなったことから、評判の良いドライバーが多くなって来ました。そんなこともあり少しずつではありますが、タクシードライバーを希望する人も増えて来ているのが、現状です。高齢化社会になったことから60歳くらいで退職をして、新しい職業としてタクシードライバーになる人が多くなっています。更には若い人でも、大勢の中で仕事をする環境を避け、自分だけの時間が持てると言う理由から、タクシードライバーになった人も出て来ています。タクシードライバーを目指す人にはいろいろな考え方があり、仕事は多少厳しくとも歩合の率が良いと言う会社を選ぶことや、自宅近くにある営業所勤務を希望するなどの方法があります。また多くの人が避けたいと考えるのが、ノルマと言われる決められた金額を達成するものがあります。多くの会社をノルマは存在していますが、中にはノルマのない会社も出て来ていますので、転職を求める時の便利な決め方となっています。

車の環境が良くなった

タクシーの模型

タクシードライバーには2種免許取得と言うことが義務付けられています。料金をもらい人の移送する仕事には、この2種免許が必要ですが、多くのタクシー会社ではこの2種免許取得の応援をしてくれます。教習費用は会社が払ってくれることが多く、費用の心配もないことが最大のメリットと言って良いでしょう。この費用は当初の給料から引かれたりしますが、勤続年数によっては費用負担が必要ないと言う会社もありますので、転職を希望する人は入社前に確認をしておくべきです。また運転手になり手が少ないこともあり、定年を設けない会社も多くなっています。一般的には65歳定年と言われますが、定年制がないことからいくつになっても働くことが出来る会社も見受けられるようになりました。タクシー会社の良い所では、マイカー通勤が可能と言うパターンが多くなっています。広い敷地を要するタクシー会社ですので、社員専用の駐車場が用意される場合もあります。混雑する電車に乗ることなく、悠々とマイカーで仕事先へ通うことが出来るメリットは、意外と大きなものとなっていると言われます。そして忘れてはいけないことに、最新の車の状態があります。道が不安と言うことで、タクシードライバーを諦めた人も、カーナビの登場でその問題は簡単に解決されました。お客様にナビのスイッチを入れたことで、道順にも納得してもらえることになったことです。更にはドライブレコーダーの装着も大きな助けとなりました。不意の場合の証明が簡単になったことで、安心して運転に集中出来ることになりました。

広告募集中